■羽田空港、関西空港、金浦空港、どちらで借りたほうがよい?

 

・ 海外で日本のキャリアを使ってインターネット接続すると高額になる?
・ 韓国で使えるWi-Fiルーターはどこで受け取るのがいい?

 

 

旅行や出張、海外留学などで韓国に行く方は近年かなり多くなっています。
地理的に近いこともあり、場合によっては日帰りツアーに参加する方もいるのでは
ないでしょうか?

 

 

のんびり旅行をするときにも仕事で行く時にもインターネットは必要になります。
でも韓国で日本のキャリアを使うと料金はどうなるのでしょうか?

 

 

ドコモの場合は事前の申し込みなどは必要ありませんが、海外パケ放題サービスでも
1日900円以上の料金が必要になります。

 

 

それに短期の海外ローミングサービスは申し込みが必要で、こちらもやはり
割高になります。

 

 

そこで海外で使えるWi-Fiルーターサービスの利用を考えてみました。
特に韓国では色々なサービスが展開されていて現地で受け取ることができます。

 

 

海外Wi-Fiルーターの場合は空港の出張サービスがあるので元気の金浦空港などでも
受け取りができるはずです。

 

 

更に日本から海外で使えるWi-Fiルーターを借りる場合にも空港での受取ができます。
これらを利用する場合にはどこの空港を使うと便利でしょうか?

 

 

便利なルーター受取方法を調べてみました。

 

 

■空港で借りる時間は意外にないかも

 

・ 空港到着から必要な手続きはかなり多い
・ 時間が出来るのは出国審査が終わってから

 

 

空港についてから飛行機に搭乗するまでに必要な手続きなどを調べてみます。
空港についてまずすることがチェックインです。

 

 

ツアーの場合には空港で集合して一度に全員がチェックインをすることもあるので
ツアーに参加する場合にはその指示に従いましょう。

 

 

チェックインとは飛行機にのるための搭乗手続きのことです。
利用するエアラインのチェックインカウンターに行って航空券とパスポートを
係員に渡します。

 

 

荷物なども預けて手荷物以外の荷物の預かり札と搭乗券をもらって手続きは終了です。
次に保安審査、手荷物検査などを受けます。

 

 

危険物を持っていないかなどを調べられて、手荷物の中身を見られることもあります。
この後に税関と出国審査を受けることになります。

 

 

ツアーの場合は事前に出入国カードを渡されるはずですが、なければカウンターで
もらいます。

 

 

こちらに記入をして必要書類と一緒に提出して審査が終了します。
ここまで終わって飛行機にのるための手続きが終了するので、空港についてからは
それほど多くの時間があるわけではありません。

 

 

空港でのルーターの受け渡しはちょっと大変という印象がします。

 

 

■事前に借りることが出来るWi-Fiルーターを利用する

 

・ 海外で使えるWi-Fiルーターを日本国内で借りる
・ 出発前日に郵送してもらえるサービスも有る

 

 

現地でWi-Fiルーターのレンタルをするのは言葉の壁などもあり難しいところがあります。
そこで事前に日本国内で韓国で利用できるWi-Fiルーターをレンタルする方法が
オススメできます。

 

 

これを利用すれば当然日本語を使ってレンタルの申し込みをすることができます。
旅行などの日程に合わせて借りることができるので出発前日に自宅に届くように
申し込みをすることができます。

 

 

出発までの日にちが近い場合はちょっと厳しいですが、当日に空港などで焦って
ルーターを受け取る必要はありません。

 

 

当然韓国に対応しているレンタルのWi-Fiルーターはあります。
今度はこれらのレンタルWi-Fiルーターを調べてみました。

 

 

■海外で便利に使えるレンタルWi-Fiルーターとは?

 

・ 日本で受け取って日本で返却できる
・ 利用料も安いので海外でも安心して使える

 

 

海外で使えるWi-Fiレンタルルーターは今ではかなりの数が展開されています。
対応している国も全世界200ヶ国以上と様々なエリアで利用可能です。

 

 

中でも利用料も安く、韓国で広いエリアで利用できるのがイモトのWiFiです。
韓国のどこで対応しているかを選んでレンタルができるので、旅行や出張先に
合わせた機材がレンタルできます。

 

 

インターネットからの申し込みで自宅までWi-Fiキットが届きます。
実際にはルーターのみを現地に持って行って、現地で電源をいれることで
そこからレンタル料金が発生するようになります。

 

 

返却は自宅から郵送、帰国した空港からでも返却することができます。
定額プランなのでパケ死の心配もなく、安心して韓国でインターネットが出来る
レンタルWi-Fiとして注目されています。

 

 

ルーターのレンタル料金などが全て無料で通信料金のみで使えるのも魅力なのが
イモトのWiFiです。

 

■2泊3日の旅行や出張でかかるWIFI料金は?

 

・ スマホをそのまま海外で使った時の料金は?
・ キャリアによっては2断崖定額のサービスも

 

 

今使っているスマホを海外でそのまま使った場合にはどれだけの料金が必要になるのか
ちょっと調べてみました。

 

 

サンプルとして韓国への旅行、2泊3日の行程で現地でスマホを使ってネットへの
接続をした場合を調べてみました。

 

 

キャリアによって名称は変わりますが、海外ローミングサービスという海外でも
そのままスマホや携帯が利用できるサービスがあります。

 

 

ほとんどの場合は定額プランになっていて、一度でも海外でネット接続をすると
料金が発生するようになっています。

 

 

キャリアによっては2段階定額サービスのところもありますが、基本的には定額プランで
パケ死を防ぐためのサービスのようです。

 

 

ただし料金は定額プランでも1日2,980円とかなりの金額になります。
2泊3日で使った場合はトータル8,940円という金額が必要です。

 

 

これでは旅行中だけで毎月のスマホ料金と同じ金額が必要になります。
そこで海外でももっと安い料金で利用できるWi-Fiルーターレンタルがおすすめです。

 

 

今度はWi-Fiルーターレンタルの料金を調べてみます。

 

 

■Wi-Fiルーターレンタルをした場合の料金は?

 

・ 料金はレンタルする会社によって変わる
・ 利用する国によっても料金は違う

 

 

Wi-Fiルーターレンタルの場合はどこの国でも同じ料金で利用できるわけではなく
利用する国や地域によって1日の料金が変わります。

 

 

それに当然ですがレンタルする会社によっても利用料金は変わります。
比較サイトなどを使って比べてみるのも安く済ませる方法です。

 

 

今回はイモトのWiFiを韓国で使う場合の料金を調べてみました。
先ほどと同じように2泊3日の料金です。

 

 

イモトのWiFiの場合はレンタルする端末によって料金が変わります。
パソコンで使う場合のUSB接続のルーターなら1日480円です。

 

 

スマホなどでも使えるWi-Fiルーターの場合1日680円でレンタルできます。
つまり3日使っても2,040円とかなり安い金額で利用することができます。

 

 

当然定額プランで通信可能容量まではどれだけ使ってもこの金額以上になりません。
ただしオプションに加入した場合には料金が変わります。

 

 

イモトのWiFiでは大容量バッテリーパックや充電器のレンタルも行っています。
これらのオプション料金も1日毎に加算されますが、それでもキャリアの利用料金よりも
かなり安くなると思います。

 

 

■海外でキャリアのローミングサービスを利用しないためには?

 

・ スマホの設定をきちんと変更する
・ 機内モードなども利用すると安心できる

 

 

せっかく格安のWi-Fiレンタルルーターを利用しても、スマホが勝手に回線接続をして
キャリアのローミングサービスを使っては困ってしまいます。

 

 

特にアプリのアップデートなどは日本国内でもパケット量の規定値を超える可能性が
高くなるので注意が必要です。

 

 

しかも海外の場合はパケ放題プランに加入していても海外で使った場合には更に別の
料金が発生することになります。

 

 

特に気をつけたいのがLINEなどの無料通信アプリを使う場合です。
日本国内ではパケ放題プランに加入しているのであまり気になりませんが、海外では
パケット通信を行うことでかなり高額の料金が別に発生します。

 

 

Skypeなども同様で海外でアプリを立ち上げるとそれだけで上記のキャリアの
海外定額プランの料金が発生してしまいます。

 

 

それを防ぐためにきちんとスマホの設定をしておくようにしましょう。
海外で使えるレンタルルーターのみを利用する設定にしておくことが重要です。

 

 

■スマホの設定方法とは?

 

・ 機内モードを出来る限り解除しない
・ 機内モードをONにしたままでもWi-Fi接続は可能

 

 

3Gや4G/LTE回線を使わないようにするには機内モードを使うのが便利です。
飛行機搭乗の時に機内モードをONにしておけば勝手に通信されることはありません。

 

 

韓国に着いたら現地で利用するWi-Fiルーターの電源を入れてスマホと通信が
出来る状態にします。

 

 

この状態でスマホの設定を開いて機内モードをONにしたままWi-Fi接続もONにします。
最近の端末ならこれが出来るようになっています。

 

 

Wi-Fi接続をONにしたら現在接続できる電波が表示されます。
その中からレンタルしたWi-Fiルーターの電波を選んで、SSIDを入力すれば簡単に
韓国でもインターネットが出来るようになります。

 

 

機内モードをONにしたままだとスマホの時間表示が日本時間のままなど多少の
使いにくさが残りますが、それは手動で合わせれば問題ありません。

 

 

GPS機能なども使えなくなりますが、それを使いたい場合は機内モードをOFFにして
3G回線接続もOFFにして使うとWi-Fiのみの接続になります。

 

 

設定方法はスマホ端末によっても変わりますが、Wi-Fiのみの接続にするというのは
どの端末でも変わりません。

 

 

余計な通信料金がかからないようにきちんと設定をしておきましょう。

 

■3ヶ月、6ヶ月、1年間の留学。それぞれの月額料金は?

 

・ 旅行などの短期契約と違い長期契約の場合はどれ位の料金になる?
・ 長期の場合は留学先で借りたほうがお得になる?

 

 

短期間の出張や旅行の場合は日本から機材をレンタルして利用するほうがお得です。
ただし長期のレンタルの場合には日本から借りるとお得になるのでしょうか?

 

 

レンタル日数で料金が決まるレンタルの場合は3ヶ月の短期留学の場合には
合計90日間のレンタル料金になります。

 

 

韓国への留学を考えるとイモトのWiFiで計算すると680円の90日間で合計金額が
61,200円となります。

 

 

これに返却の時にかかる料金などがプラスされますがこれよりもお得に利用できる
勧告や日本のレンタルWi-Fiはあるのでしょうか?

 

 

長期間のレンタルをする場合に割引ができるならばもう少し安くなる可能性もあります。
レンタルする期間別にレンタル料金を調べて、よりお得に利用できる所を探してみました。

 

 

■3ヶ月留学をする場合のWi-Fiルーターの月額利用料は?

 

・ 日本からレンタルをする場合の月額利用料は?
・ 韓国でレンタルする場合の月額利用料は?

 

 

日本からWi-Fiルーターをレンタルした場合には上記のような金額になります。
それとは別に長期レンタルの割引をしているところを探してみると30日レンタルを
行っているところもありました。

 

 

30日のレンタルで利用料金は6,400円となっています。
ただし4G/LTE回線が利用できるルーターの場合は30日7,400円の料金です。

 

 

日本からレンタルをする場合は長期レンタルが利用できる所ならそちらを使うほうが
かなりお得にレンタルできるようです。

 

 

では韓国でレンタルする場合はどれ位の料金になるのでしょうか?
韓国でWi-Fiルーターレンタルの料金を調べてみました。

 

 

韓国の旅行会社で行っているルーターレンタルの場合は1日の利用料金が
5,000ウォン、日本円にすると約540円位の金額になります。

 

 

長期レンタルのサービスを見つけられなかったので単純にこの料金で30日間の
レンタルをすると16,200円、3ヶ月でも48,600円になります。

 

 

実際にはウォンで支払いになるのでこの料金よりも多少変わりますが日本の安い
レンタルルーターの日割り計算とそれほど料金の違いはありませんでした。

 

 

3ヶ月間の場合は日本で長期レンタルが出来る所を選んだほうがお得になりそうです。

 

 

■6ヶ月や1年間の長期留学をする場合のWi-Fiルーターレンタル料金は?

 

・ 韓国の場合は長期滞在の証明書があればレンタルが出来るルーターがある
・ 日本からも長期レンタルが出来る会社をさがしてみる

 

 

次に長期滞在する場合のレンタルルーターの料金を調べてみました。
韓国の場合は留学などで長期滞在する場合に外国人登録証がでて、それが携帯電話の
契約に必要になります。

 

 

そこで通常のスマホや携帯電話の契約をするのではなく、留学斡旋会社などが
提供しているWi-Fiルーターレンタルサービスを利用するとお得になります。

 

 

海外留学者向けのサービスを行っている留学斡旋会社が韓国の場合多くあります。
そこでWi-Fiルーターレンタルのみのサービスを受けるとかなり安くルーターの
レンタルが出来るようになります。

 

 

全ての斡旋会社で行っているわけではなく、自社で斡旋した留学者のみのサービス
というところも当然あります。

 

 

でもこちらを利用できれば日本から持っていったスマホ本体でも韓国でネット接続が
出来るようになります。

 

 

月額利用料も安いところでは5,000円程度からレンタルが出来ます。
月単位の契約しかできないのですが、長期留学をする場合は月額利用料が安く
日本のレンタルルーターよりもかなりお得になります。

 

 

数日間の旅行では利用できず、短期の留学の場合は手続きの時間を考えるとあまり
オススメできませんが長期留学ならこちらが断然お得です。

 

 

■旅行や短期留学とは違う長期留学のネット利用

 

・ 韓国ではWi-Fiルーターの利用できるエリアがかなり広い
・ 旅行者が利用できるWi-Fiスポットが限られている

 

 

旅行や短期留学の場合はすぐに日本に帰ることになるので端末を変更せずに
そのまま韓国で利用する事が条件になります。

 

 

ただしそのまま端末を使った場合には海外ローミングサービスのパケット料金が
発生するのでその負担がかなり大きくなります。

 

 

その為にWi-Fi飲みを使ってネット接続したいのですが、韓国のWi-Fiスポットは
韓国の住民登録をしている、または外国人登録をしていないと使えないところが多く
旅行客や短期留学者では使えないスポットがあります。

 

 

その一方でWi-Fiルーターが利用できるエリアはとても広く地方でもルーターの
接続可能エリアになっていることも多いためにWi-Fiルーターは生活必需品と
言われることも多いようです。

 

 

生活に必要なインターネット回線を安く利用できるように海外留学斡旋会社では
韓国でお得に利用できるWi-Fiルーターレンタルサービスを提供しています。

 

 

月額利用料5,000円は日本国内でルーターを利用する料金とほとんど変わらず
通信コストの負担をかなり減らしてくれます。

 

 

短期留学の場合は日本の1ヶ月プランでもかなり安いところがあるのでそちらを
利用するとサービス面では安心できると思います。

 

■どんなwifiルーターでもiphone、アンドロイドのスマホでネットできる?

 

・ 韓国で使えるWi-Fiルーターはどんな端末でも接続できる?
・ 日本の端末が海外でも利用できる?

 

 

海外で留学する場合でも日本の端末を持っていけることはわかりました。
でもその日本の端末は海外のWi-Fiルーターで利用できるのでしょうか?

 

 

韓国で借りたWi-Fiルーターを日本で使っていた自分の端末でも接続することが
出来るのでしょうか?

 

 

アンドロイド端末やiPhoneなど機種を選ばずにどんなルーターでもインターネットに
接続することが出来るのでしょうか?

 

 

韓国で利用できるWi-Fiルーターを詳しく調べてみました。
すると日本からレンタルが出来るモバイルルーターについては対応機種に
アンドロイドやiPhoneが表記されていました。

 

 

ルーター本体を見ると日本で販売されているWi-Fiルーターではなく、韓国で
使われている本体を日本からレンタルできるようです。

 

 

海外のモバイルルーターでもどんな端末かを選ばずに利用できる理由を
ちょっと調べてみました。

 

 

■日本のスマホ端末でも韓国のWi-Fiルーターで接続できる理由は?

 

・ Wi-Fiの規格は世界で共通
・ 日本の端末に対応している無線LANの企画を使っている

 

 

Wi-Fiは元から世界で共通の規格です。
その為にWi-Fiルーター自体はその国の通信許可をもらったSIMカードを挿せば
インターネット接続が出来るようになります。

 

 

日本の端末でもSIMフリーのモバイルルーターに韓国のSIMカードを差し込めば
接続が出来るようになります。

 

 

では韓国のWi-Fiルーターが日本の端末で接続できるのはどうしてでしょうか?
それは韓国のルーターが日本の端末でキャッチできる無線LAN規格を使って
通信をしているためです。

 

 

改めて日本国内でレンタルが出来る韓国のモバイルルーターの性能を調べてみると
無線LAN規格にIEEE802.11 b/gとありました。

 

 

これは電波を使って通信をする無線LANの電波の種類を表しています。
最後のbやgの文字が電波の種類となっていて、通信できる容量が違います。

 

 

高速通信が出来るacという規格が最新のものですが、これらの電波を受信できるかは
端末の性能によって変わります。

 

 

最新のiPhone6ならIEEE802.11 acまで対応しているのでかなり快適にルーターなどの
通信機器との接続ができます。

 

 

それに最新規格まで対応している端末はそれ以外の規格にも当然対応しています。
韓国のルーターが使っているIEEE802.11 bなどの規格も利用することができます。

 

 

日本で使っている端末でも韓国のルーターで接続できるのはこのような理由からです。

 

 

■日本の端末をそのまま使うのは他にも方法がある?

 

・ SIMフリーの端末なら海外の格安SIMカードを利用できる場合もある
・ キャリアの端末は日本の場合ほとんどがSIMロックされているので注意

 

 

日本の端末が海外のWi-Fiルーターでも利用できるのは分かりました。
では他にも日本の端末を海外で使う方法はあるのでしょうか?

 

 

一つの方法としてはSIMフリーの端末を日本から持って行って韓国のプリペイドSIMを
端末に刺して使う方法です。

 

 

日本の場合はキャリアで契約した場合の端末はほとんどの場合そのキャリアの
SIMカードしか利用することができません。

 

 

その為にSIMロック端末と言われています。
これに対して格安SIMカードなどが利用できる端末がSIMフリー端末です。

 

 

キャリアを問わずにどこのSIMカードでも利用できる端末なら韓国で契約した
SIMカードでも利用できるものがあります。

 

 

ただし海外SIMカードを利用するのは初心者には難しくあまりオススメできる方法では
ありません。

 

 

■韓国でも安心してインターネットをするにはモバイルルーターのレンタルがおすすめ

 

・ 日本からレンタルして行って、現地で使った分だけ料金を支払う
・ 日本語でサポートを受けることができるのでもしものときにも安心

 

 

旅行などで海外でも日本の端末を使う場合はやはりモバイルルーターのレンタルが
オススメできます。

 

 

日本で利用できるスマホ端末ならまずどこのものでもルーターの接続はできます。
しかも1日の利用料金は安いところでは1,000円以下とかなりオトクな料金です。

 

 

利用した日数だけの支払いなので料金の計算はかなり楽です。
しかも日本での受取と返却ができるのでサポートも含めて全て日本語で大丈夫です。

 

 

イモトのWiFiのように受け取り場所や返却方法を選んで利用できるサービスも有り
短期間のレンタルならかなりお得になっています。

 

 

ただしレンタル料金は現地で持っていった日数分の料金が発生します。
持っていっただけで現地でネット接続をしなかった日があったとしても
その分の料金は発生してしまいます。

 

 

使っても使わなくても料金に変わりはないので、レンタルをした場合は
通信総量に気をつけて上手にネットを利用しましょう。

 

■wifiルーターが邪魔なのでiphoneのSIMを韓国現地のSIMに変えたい場合

 

・ 日本で使っていたiPhoneをそのまま韓国で使うことが出来るのか?
・ 韓国のプリペイドSIMの両方法は?

 

 

携帯端末の情報カード、SIMカードを他のものに帰ることが出来るのなら
現地韓国のSIMカードを利用することも出来るのでしょうか?

 

 

現地のSIMカードを使うことが出来るならモバイルルーターを持ち歩く必要がなく
簡単にネット接続ができるようになるのでしょうか?

 

 

たしかに韓国ではコンビニなどでも手軽に入手できるプリペイドSIMカードが
販売されています。

 

 

外国人観光客でも購入することができるので、それを使って自分が今持っている
iPhoneなどに差し込めばすぐに使えるようになるのでしょうか。

 

 

レンタルの手間やモバイルルーターの持ち運びなどを考えるとこちらの方法が
とても便利に感じます。

 

 

そこで韓国のプリペイドSIMカードについて調べてみました。

 

 

■現地のSIMをコンビニで買って使えるのは初心者はきびしいかも

 

・ 日本で購入したiPhoneの場合は注意が必要
・ 韓国の通信登録制度に注意が必要

 

 

韓国のコンビニで手軽に購入できるプリペイドSIMカードですがそれを利用するには
初心者ではかなり難しいという状況がありました。

 

 

まず韓国のSIMカードを使う場合には日本のキャリアで契約した端末の場合は
そのままでは利用することができません。

 

 

日本ではキャリア以外の契約をしているSIMカードが使えないようにロックをしていて
それをはずさない限り他のSIMカードを利用することができません。

 

 

でもiPhoneの場合はキャリアでもSIMロックを解除していません。
ドコモの場合のみ2015年5月以降に販売されたiPhoneシリーズをロック解除しています。

 

 

つまり現在iPhone5sなどを使っている場合にはSIMロックの解除ができないので
その端末を韓国SIMカードで利用することができません。

 

 

更に韓国では全てのネットユーザーが登録をするという制度があります。
それは外国人観光客も同様で、韓国でSIMカードを購入した場合にはまず購入者の
登録手続きが必要になります。

 

 

SIMカードをさした端末からまずは登録をすることになりますが、基本的にはWi-Fiの
利用できる環境で登録が必要です。

 

 

設定などもあるので初心者が利用するのはちょっと大変そうだと感じました。

 

 

■韓国でiPhoneを使いたい場合にはSIMフリー版の本体端末が必要

 

・ SIMフリーiPhoneはApple Storeで購入可能
・ キャリアの分割購入サービスがないので本体料金8万円くらいが自己負担

 

 

どうしても韓国でiPhoneを使いたい場合には新しく端末を購入する以外に方法が
ないというのが現状です。

 

 

しかも現地で購入しないのなら日本ではApple StoreでSIMフリーの端末本体を
購入することになります。

 

 

海外ではSIMフリーiPhoneが昔から販売されていたので、日本国内でも
個人輸入されたiPhone端末が販売されたこともありました。

 

 

その場合は標準価格よりも高額で取引されていましたが、最近正規のストアでも
日本国内でSIMフリーiPhoneの購入が出来るようになりました。

 

 

ただしキャリアで購入する場合の割引や分割購入サービスがないので本体料金を
全て自己負担で支払うことが必要です。

 

 

クレジットカードを使って分割支払いはできますが、それでも全額負担で購入が
必要になります。

 

 

端末自体は旅行や留学が終わって日本に帰ってからも利用することができますので
本体端末の購入はそれほど無駄な買い物、というわけではありません。

 

 

でも旅行や留学のためにSIMフリー版のiPhoneを購入してまで韓国のSIMカードを
利用するメリットはあまり無いように感じました。

 

 

■手軽さを考えるとレンタルWi-Fiルーターがおすすめ

 

・ 設定が簡単でサポートも日本語で大丈夫
・ 受取も返却も場所を選べる

 

 

最近の韓国SIMカードは通話料なども安くなっていますが、手続きが面倒なのと
初心者では使い方が難しいためにあまりお勧めできません。

 

 

Wi-Fiルーターを持ち運ぶ、という手間がかかりますが日本でWi-Fiルーターを
レンタルして韓国で使うほうが手軽で便利です。

 

 

利用料金も安い所を選べばそれほど大きな負担にはなりません、
イモトのWiFiでは韓国なら1日690円で利用することができます。

 

 

当然日本からレンタルして行くのでオペレータが日本語で対応してくれます。
困ったときにも安心できるのは初心者には嬉しいところです。

 

 

受取場所と返却場所が自分の都合のいいところから選べるのも大きな魅力です。
返却方法にポストへの投函があるのでかなり手軽に利用することができます。

 

 

短期間なら簡単にレンタルが出来て手軽に返却できるイモトのWiFiがかなり
便利でおすすめです。

 

 

旅行中に韓国で自由にインターネット接続をしたいなら手軽に使えるレンタルの
Wi-Fiルーターをおすすめします。

 

■口コミで評判がいいのはどこのレンタルショップ?

 

・ 対応している国や地域と料金のバランス
・ 迷ったら海外ルーターレンタルのパイオニア

 

 

現地のSIMカードを利用するよりも日本からレンタルでWi-Fiルーターを借りるほうが
便利で簡単なことがわかりました。

 

 

そこで今度は日本からレンタルできるWi-Fiルーターをどこで借りるのがお得で
便利なのでしょうか?

 

 

今では日本国内でもかなりのレンタル会社があり、色々なサービスの提供を
展開しています。

 

 

その中でも評判のいいレンタルショップはどこなのでしょうか?
今回は韓国に限らず色々な国に対応しているレンタルショップで調べてみました。

 

 

やはり旅行や留学で海外に行く場合、どこで利用できるかが重要になります。
対応している国の数が多いほうがより評判が良くなっています。

 

 

しかも利用料が安ければ評判も更に高くなります。
安くて評判がいいのは海外ルーターレンタルのパイオニアと言われる
イモトのWiFiでした。

 

 

海外で多く活躍するタレントを宣伝に採用して海外で広く使えることを
かなり大きくアピールしています。

 

 

エリアによってはかなり安く使えることも魅力で、対応している国も多いので
かなりオススメできるレンタルショップです。

 

 

■クレジットカードは持っていない、カード以外で支払い可能?

 

・ ほとんどのレンタル会社ではクレジットカードのみの支払い方法
・ 場合によっては利用できるところもあり

 

 

料金の支払にクレジットカード以外を利用できるところはあるのでしょうか?
基本的にはインターネット上からの申し込みになるのでほとんどのレンタルショップでは
クレジットカードのみの支払いとなっています。

 

 

ただしショップによっては学生にも貸出をしているところがあるので、そちらの場合は
クレジットカード以外の支払い方法ができます。

 

 

事前に口座振替で支払いという形も取れるので、クレジットカードがない方でも
利用することができます。

 

 

またインターネットを使ってのクレジットカード支払いが嫌だという方のために
カウンターを持っているレンタルショップではそちらでの支払いも可能です。

 

 

イモトのWiFiでは空港に出張カウンターを設置してあります。
こちらでは実クレジットカードを使っての支払いが出来るのでインターネットでの
支払いが嫌な場合にはカウンターを利用できます。

 

 

でも基本的にはクレジットカードでの支払いとなっているので持っていない場合は
レンタルするのがちょっと厳しくなります。

 

 

海外旅行の場合は国際ブランド付きのクレジットカードならかなり便利に利用できます。
韓国旅行の前にクレジットカードを作ることもおすすめです。

 

 

■レンタルショップを比べてみると?

 

・ 利用料などは差が出ることも多い
・ 対応している国の違いや支払い方法の違いもチェック

 

 

では実際に日本でレンタルできるWi-Fiルーターのショップを見てみます。
色々なショップを比べてみるとお得に使えるところが分かりそうです。

 

 

○ イモトのWiFi

 

世界175ヶ国で利用可能なレンタルWi-Fiルーターの会社です。
基本的な支払い方法がクレジットカードのみ。

 

 

韓国や台湾、中国などがタイムゾーンAという区切りでそれぞれのエリア毎に
料金が決まっている。

 

 

キャンペーンを利用すれば空港受取や返却の手数料が0円になる。
自宅配送での返却の場合は配送料金が自己負担になります。

 

 

○ テレコムスクエア

 

世界130ヶ国で利用可能、こちらもクレジットカードのみ利用可能です。

 

 

韓国の場合は韓国専門のWi-Fiルーターのレンタルができて、750円/日の料金です。
こちらのルーターでは4G/LTEの回線も利用することができます。

 

 

キャンペーンでは利用料の割引などがあり、更に長期留学にも対応できる
マンスリープランも用意されています。

 

 

利用できる国や地域にはレンタル会社によって差がありますが、韓国などの日本からの
旅行者の多いエリアの場合にはほとんどの会社が対応しています。

 

 

■おすすめはこちらのレンタルショップ

 

・ 手軽に利用できるのにとてもお得
・ 返却も簡単で空港で対応してくれるのも便利

 

 

総合的に考えるとやはりイモトのWiFiはオススメできるレンタルショップです。
申し込みがインターネット上から出来て、自宅まで端末の配送をしてもらうことが
出来るのは大きな魅力です。

 

 

韓国の場合は利用料金も680円/日と安い料金で利用することができます。
しかも電話サポートは24時間いつでも受け付けてもらえます。

 

 

現地についてからのWi-Fi設定も簡単で、しかも1台のルーターで複数の端末が
同時にネット接続できます。

 

 

数人で旅行する場合にも全員のスマホを一度にネット接続させることが出来るので
料金をシェアすれば更にお得に韓国でのインターネットが出来るようになります。

 

 

オプションも豊富にあり、大容量バッテリーや万が一の時の故障の保障なども
追加料金で簡単に利用することができます。

 

 

海外でも手軽に安心して利用できるのがイモトのWiFiです。
韓国旅行の時にはおすすめします。